M y   B l o g

Home

Blog

Translation

Recommendations

Hot List

Professionally ...

About Me

 

2009

July / October

May /June /

March / April

January / February

2008

November / December

June / July

March / April / May


Muddy what?!

Weatherman's gaffe

lol

 

Back to the top


「婚活」&「枯死」

この、「こんかつ」と云う言葉、何度読んでも、「とんかつ」が頭をよぎる。響きも字面も、極めて美しくない。まともな言語感覚の持ち主なら、「結婚している生活」の事だと思うんぢゃないか。ところが、この言葉が使われている記事や広告の文脈から察するに、「結婚相手を探す活動」の事らしいですね。

「結婚相手を探す活動」ねぇ。就職活動ぢゃ、あるまいし。このふたつを混同して、同次元で考えているんだろう。哀れだ。

結婚相手なんて、意識して探せるものなのか。あまつさえ、「コンカツ」だなんてくだらない言葉に踊らされて、誰かに出逢えるわけがない。例えそれで成婚したとしても、まともに結婚生活がまっとうできるわけ、ないぢゃん。

日本国は、お見合い全盛の時代から、進歩してないのか。

 

毒づきついでに、もうひとつ。

「彼氏」と云う言葉は、多分「彼女」と云う言葉を、「ガールフレンド」と云う意味で使うようになってから、それにあわせる様にでてきたのだと思う。それは、一向に構わない。

が、この「彼氏」と云う言葉の発音が、少し前から変わってしまった。どう聞いても、

枯れ死

にしか、聞こえない。「カ」にアクセントがあるか、「シ」にあるかで、随分違って聞こえる。

初めてこの「枯れ死」を耳にしたのは、いつだったかロンドンの2階建てバスの上階に乗っている時だった。前に座った日本人の女2人組のうち一人が、もう一人に、

「○○ちゃん、枯れ死ができたんだってぇ」

と言ったのを、不幸にも耳にしてしまった。

以来、「カレシ」と耳にするたびに、会った事もない(会いたくもない)○○ちゃんとやらが、干からびて死んでいる図が脳裏から離れなくて、困る。

 

Back to the top